VR空間にポールダンスショークラブが出現!?【プレスリリース】

【VR空間にポールダンスショークラブが出現!?】
老舗ポールダンススタジオeyecandyがVRを利用したバーチャル空間でダンスレッスンやイベントを開催
日本初のポールダンススタジオとして2007年に開業以来、業界での信頼と人気も高いスタジオ、eyecandy(アイキャンディ) がVR空間(※1)に2021年7月ポールダンスショークラブを展開。

2021年7月、プレスリリースを発表いたしました。⇒https://newsrelea.se/7rrMaj (掲載記事)

※1 VR(バーチャル・リアリティ)空間:
3次元で表現する仮想空間。利用者は空間を自由に移動し情報閲覧等ができる。

以下引用

↓↓↓

昨今、新型コロナウイルスの感染拡大による影響により、多くの人を集めるリアルイベントの開催が困難となっている他、テレワークなどで運動不足を訴える人は少なくない。

こうした中eyecandyはVR空間サービスを活用し、ポールダンスもできるショースペースを開設。
今後はこのスペースを活用し、VRダンスコンテストの開催や、VRを通したダンスworkshopなどのエクササイズイベント、また、利用者同士がコミュニケーションをとれるような交流イベントなどの展開を予定している。

更には、自社スタジオを利用し、モーションキャプチャーによるポールダンスムーブの撮影などにも取り組んでいる。撮影された3Dデータは、将来的にNFT等ブロックチェーンシステムでの販売を目標。音楽と違い、振付そのものに著作権を主張することが難しかったダンスムーブを商品化させていくことが可能となる。

これらの取り組みは、ダンス業界からも高い関心を集めている。また、ポールダンスをなかなかリアルで観てもらう機会を作るのは難しいが、

VRという空間を通し地方や海外など、様々な地域の方々にアピールすることも可能となる。
自宅用のポールを設置すれば、自宅のマンションの一室もポールダンスショークラブに様変わり、なんてこともVRを通せば可能になる。

<VR×eyecandy 新規HP>
https://vr.eyecandypole.com/

・VRchatを利用し、リアルタイムでユーザーはダンサーのショー観覧や、利用者同士チャットでのコミュニケーションが可能となる。

この取り組みを踏まえVR空間 プレサービスを2021年7月からeyecandyより提供開始。
8月には試験的なダンスコンテストも開催。
これらサービスにより、ステイホームを維持しながらリアルな感覚に近い、人と人を繋げるイベントや、ポールダンスの普及、更にはダンサーやアーティストによる新しい価値提供を目指している。

プレサービスでは、本サービス(2022年度予定)提供に向けたプラットフォームとパッケージ開発を期間限定で行い、サービスメニューや料金などについてより利用しやすいサービスづくりを図ってまいります。

<VR空間プレサービスの概要>
インターネット上からVR空間へアクセスし、来場される様々な方々にポールダンスショーを観覧していただける他、個人だけでなく企業・団体等も様々な情報発信を行い、相互コミュニケーションも図る事が出来ます。

⚫ 主な特長
➢ VR空間内でダンサーによるショーを観覧できます。
➢ VR空間内でダンサー同士のコミュニケーションもはかれる他、コンテスト形式のイベントも開催します。
➢ ダンサーは自分の振付やムーブメントをアピール。それを別途NFTで販売も可能。
➢ VR空間内に企業・団体等が情報発信できます。
➢ VR空間への来場者はアバター操作にて直感的にVR空間内を自由に移動し情報閲覧できます。
➢ 来場者同士はチャットでコミュニケーションできます。

≪展開予定の主なサービス≫
➢ VR×ポールダンス体験会の開催
自社スタジオ(都内千代田区)にてVR器材の使い方や、VRワールドでのフルトラッキング(※2)
によるポールダンス体験をサポート。

※2 フルトラッキング: 全身の動きをアバターに反映させること。頭、右手、左手、右足、左足、腰にトラッカーを装着することで動きの精度があがる。

➢ VRイベント開催
VR内でのダンスコンテストイベントを開催。VRダンサーの育成や活動の場を広げるとともに、ダンサー同士や来場者ともコミュニケーションが図れる。

ダンスコンテスト以外にもworkshopやエクササイズイベントも開催。ポールが身近にない人でもポールダンスの疑似体験ができる。

➢ モーションキャプチャー撮影
トラックスーツを着用しモーションキャプチャーデータを撮ることで、ダンサーの動きを3Dデータとして残すことができる。VRワールド内にバックダンサーとして起用するなど、将来的なダンサーの活動の場を広げることを目標としている。

➢ スタジオレンタル
VR体験、またはモーションキャプチャ撮影が可能なスタジオとしてスペースレンタルも可能。
別のワールド空間でポールダンスの動きを取り入れたいときなどに利用可能となる。

➢ VR機材レンタル
VRに興味があるが購入は迷っている方に。機材レンタルも行う為、ご自宅でVR体験をしてみたい方にも試用してもらうことができる。

⚫ プレサービス開始時期
7月下旬

 

  1. 15thparty_flyer
PAGE TOP